CARPE DIEM

WHAT'S NEWS お知らせ

  • Home
  • お知らせ
  • 【噂の立川マガジン】第四回 ”What’s happened happened”

立川 2023.12.28

【噂の立川マガジン】第四回 ”What’s happened happened”


カルペディエム立川
インストラクターのミケールです。

またの名を”立川のジェフモンソン!”と少年マンガ風に
言いたいところですが、これは自称の通り名なためか
今のところ普及率4.8%くらいですね…だがそれがいい。

立川スタジオは本日12/28(木)が、2023年の最終営業日となりました。
そんな今日は少しだけ、立川スタジオ番頭の今年を振り返ってみます。

『おっ?アマゾンさんが立川に出店かぁ。
 よ~し…時間できたらご挨拶へ行ってみよう!』
なんてミケールが思っていたのは今年8月上旬で、

うん 悪くないネ
なんてSNSでツブやいたりしておりました。

当時の勤め先からメールが来たのはそれから数日後。
「突然ですが、9月いっぱいで今の出向先業務が終了となります。」
と…突然がOKなのはバブル期のラブストーリーくらいのものです。

しかし、その数秒後にはミケールの”脳内シネマスクリーン”に
大好きなクリストファー・ノーラン監督作品のワンシーンが浮かんでいました。

【What’s happened, happened

   起きたことは起きたこと 仕方がない
   この世の理(ことわり)だが 何もしない理由にはならない

TENETという映画、劇中のセリフが背中を押してくれた次の瞬間、
ミケールはスマートフォンを手にとり、4回くらいしか
面識がなかった白木”アマゾン”大輔先生にメッセージを…

そんな出来事から、4か月ちょっとカレンダーがめくれた今日は、
『うん 悪くないネ』どころではない今を生きています。

要するに
すべての終わりは すべての始まりでしかない
ということですね。本能寺の変で敦盛を舞った後、
信長公が炎の中で仰ったというあの言葉です。


※参考資料”花の慶次 -雲のかなたに-”

望んでないことが起きても、完全放棄さえしなければ
いつか、その先に新しい景色が見えてくるような気がします。
試合でタップアウト負けしても、人生にはまだまだ続編があるように。

アーバンな感じがする、立川の街並みを眺めながら
ふとそんな事を考えてしまった年末でした。

永くなりましたが、良いお年を!!

 

MIQUEL

東京・ロンドン・
シンガポールなど世界に
展開中!

CARPE DIEM Dojos

Copyright © CARPE DIEM HOPE. All Rights Reserved.

Copyright © CARPE DIEM HOPE. All Rights Reserved.